about

Remade Clothes
for future generations by VINICK

オリジナルリメイクブランド【VINICK】です。
神宮前にアトリエを持ち、VINTAGE ITEMを未来へと繋げるためのクリエーションを行っています。
それを表現する手法がリメイクです。

現在、アパレル業界は、流行に準ずる形で新作があふれ、一方で過去のモノが次々と破棄されています。
たとえ未使用のモノであっても、新たに生み出されるモノに押し出されるような形で、その役割を終えていってしまいます。

そんな中、私たちVINICKが感じることは、人々の着るモノに対するこだわりや愛着も、比例するように失くなってしまっているのではないか、ということです。

たしかに、お気に入りを見つけてもすぐに流行が過ぎ去ってしまうし、クタクタになるまで愛用しても野暮ったくなってしまうことは否定できません。
着る人の内面や外見を輝かせるためのものをファッションと考えると、ただただ古くさいと感じるモノを纏うというのも、ナンセンスであると思います。

でも、だからこそ、そこを変えたい。

流行に置き去りにされた未使用品は、まだ使用していない分、素材の耐久性を活かすことが出来ます。
野暮ったくなってしまった古着は、その味や雰囲気を部分的に活かすことが出来ます。
それらを活かしながらリメイク・ミックスすることで、新しい価値を生みだすことが出来ると思うのです。

しかしながら、今までリメイク等の二次加工したものの製品化というのは、主に素材の組成や在庫供給などの理由から敬遠されてきました。
品質が表示できないとか、同商品を追加することが出来ないとか、そういった理由です。

それは、大事なことだと思います。
モノを大切に取り扱うという意味でも、素材を特定できるということは重要ですし、活動を継続していくために、世の中のニーズにあった商品を安定的に供給することも大事です。
しかし、このようなリスクだけを考えて、使用価値のあるものも破棄していくことが正しいのでしょうか?

僕たちはそう思いません。
リスクを考えて止めるよりも、どうしたら生まれ変わらせるかを真剣に考えるべきだと思います。

もちろん、服自体が消耗品である以上、ゼロから新しいモノを作り続けることは必要です。
そういう作り手の方々を否定しているわけではありません。

たとえ一部の人たちの活動であっても、今あるモノに目を向け、生まれ変わらせようとする私たちVINICKや、その活動を必要としてくれる人たちが存在することで、世の中に少しだけ豊かな心を生み出せたら…
そう、強く願っているのです。

どうぞ、私たちVINICKが、このような思いで制作した未来へと繋げるアイテムたちをご覧になっていってください。